砂糖多めで。

ビターな人生、お砂糖ましまし。

バトン

CATEGORY

  • このページのトップへ

一緒に物語を作ってPart4バトン


一緒に物語を作ってPart4バトン

Q1 冷たい夜に遠くで聞こえる鐘の音。
A1 澄んだそれを どこか夢心地で受け取る。
Q2 閉じ込められた広すぎる何もない部屋。
A2 寂しさが足の裏から伝わって全身に満ちていく。
Q3 天井の明かりに手を伸ばす。
A3 紐を引き、カチリ、と無機質な音を鳴らすも明かりはつかない。
Q4 立ち上がって壁のスイッチを押す。
A4 しかし やはり明かりはつかなかった。仕方なしに
Q5 窓から差し込む夜の光を頼りに歩く。
A5 足元が覚束ない。何も無い部屋でよかった、とこの時ばかりは思う。
Q6 ガラスに触れる。
A6 自分の姿がうつりこんだそれは
Q7 何処となく冷たい。
A7 まるで自分の心情を反映したかのようで、自嘲ぎみな笑いがこぼれた
Q8 星空を見上げる。
A8 ややぼんやりとした印象を受けた。街の明かりが邪魔なのだ。
Q9 窓の鍵を外して開ける。
A9 途端に、よどんでいた部屋の空気を押し出して冷気が流れ込んできた。
Q10 寒い。
A10 外気に触れて初めて、部屋がそれなりに暖かかったことに気付く。通りを見やれば
Q11 人通りはまばら。
A11 ーこんな時間に、どこ行くのかしら。
Q12 彼らはきっともっと寒いだろうと。
A12 家に居ればいいのに。なんて思ってから
Q13 ここにいられる幸福に気づいて。
A13 ー私が、閉じこもっている?
Q14 窓を閉めた。
A14 気付いてしまった。はじめから私は閉じ込められてなどいなかった。
Q15 外に出る。
A15 しんと冷えた空気で肺を満たす。吐き出した息は白かった。
Q16 寒さに身震いして歩き出す。
A16 私は自由だ。
Q17 出来れば日の出までには辿りつきたいのだけど。
A17 まず手始めに、
Q18 日の出が綺麗なあの場所に。
A18 傍らに貴方はいないけど。
Q19 場所さえうろ覚えだけど。
A19 一抹の不安を胸に残しながらも、一歩、また一歩。
Q20 辿りつけるだろうか。
A20 ーきっと大丈夫ね。


わたしは 気付けたのだから。



================

何に気付いたんでしょうね。さっぱりです。


嘘ですすみません
一応考えてはありますがあまり納得はいってません。

文章力が著しく退化してしまっている気がします。
どうすればいいのだ…


では今回の私的設定。

主人公は女の子…いや女性、でしょうか。
最愛の人を亡くした(未亡人っていうんでしたっけ)女性で、
元は行動的で、非常に快活な人(行動的と快活ってほぼ同じな気がする)でしたが、最愛の人を失ったショックで塞ぎこみます。
「閉じ込められた」ってとこを物理的にではなく精神的に、だと解釈した結果です。
かいてから言うのもなんですが別に殺さなくてもよかったかなと思います。

場所はヨーロッパ系のお洒落なアパートの一室、くらいな感じで。
まわりにもそれなりに家だのあります。明かりが邪魔で星が見づらくなるくらいには。

ところでなんで明かりはつかなかったんでしょうね。停電?

そんなこんなでまあ女性は暖かい部屋に居られる幸せを確認し、
閉じ込められているのではなく自らが閉じこもっているだけだと気付き、(ここがだいぶ苦しい)
気付いてしまったからにはこのままじゃ居られねえぜ、と

手始めに「貴方」と見た日の出をもう一度見に行こうとします。行きました。はい。もうそういうことにしといてください。

そろそろバトンの内容忘れてきました

後悔があるとすれば
このバトン、翡翠ちゃんから強奪してきたんですが日の出をもう居ない貴方と、ってオチが被りました。非常に申し訳なさの極みです。他のオチが思いつけなかったです。悔しい。
あとは何度か同じ表現を使ってしまいましたね。「気付く」とか多分三回くらい使ってます。ボキャ貧が露呈してますね。
と、多分どっかしらで言葉の使い方間違えてます…何箇所か「ん?」と思ったけど放置したとこあります。あってもつっつかないでください。
あと(長い)場面描写、っていうんですかね。背景だの主人公の居る場所だのをあんまり書いてなかった気がします。正直もう覚えてません。何書いたっけ…


以上です。
久々に文章書いたらこれだよ!

精進せねば…ではノシ




スポンサーサイト

カテゴリー:バトン

自分で作ったバトンに自分で回答するだけの



簡単なお仕事☆


どうも猫月です
自作の「あなたの口調バトン」やってみました。
案外楽しかったです。

まあなんといいますかとても誰得な無いようなので追記においておきます。


ではノシ

カテゴリー:バトン

もしかすると新年初バトン


縦読みお題「せつない」バトン

Q1 次の各文字で始まる文章を作ってください。体験に基づくものでも、作り話でも、短歌や詩でも、何でもOK。
A1 はあい
Q2 「せ」
A2 「せえの、」で
Q3 「つ」
A3 つないだ手を離した
Q4 「な」
A4 泣き笑いみたいな君がいう
Q5 「い」
A5 「いつか また」


「きっと どこかで あいましょう」


残して去った君の手の

あのあたたかい感触が

いつまでも残る両の手が

「せつない」


================================-


どうも、猫月です・・・

しばらく文章をひねり出す方向で頭を使う機会がなかったおかげで元から鈍かった感性が更に鈍ってしまいました。

何この文章、全然切なくない。

ううううううん、もっとこう、なんでしょう、物理的に胸が痛くなる感じの・・・(日本語の反乱

駄目ですね。これはもうじわじわと元に戻すしか・・・

はあ・・・時の流れって恐ろしいですね。今更なんですけどね。


では、ノシ

カテゴリー:バトン

ネタがないからってバトンに走るのはどうかと思うけど今回のバトンは


バトン

Q1 真夜中の公園で
A1 手の内にすっぽりと収まった120円のぬくもりを
Q2 渇いた君の 笑い声
A2 と共に、飲み下す。温かい。
Q3 この視界を遮るのは
A3 甘苦い香りをはらんだ白い息。横を見やれば
Q4 空を舞う 花弁のように
A4 ほう、と吐き出されたそれはあっという間に見えなくなる
Q5 惜しみなく 奪いましょう
A5 君の吐き出したその白色ごと。そんな衝動に駆られて
Q6 噛み千切るように
A6 接吻てみれば、仄暗い笑み。
Q7 過ぎ去った時間
A7 本当は覚えてなどいないのに
Q8 この身も 心も
A8 どうしてか寂しさばかりを訴えるのだ。
Q9 毒入りの果実
A9 なんて、よく言ったものだ。
Q10 散々に 踏み躙られた
A10 これは、そんなに綺麗なもんじゃない。だから
Q11 弄んだのは
A11 どっちだなんて今更追求しやしないけど
Q12 私の最期は
A12 「、」すんでのところで思いとどまる。代わりに、すっかり冷めてしまった液体を飲み干した。
Q13 声に出そうとした言葉は 虚しく
A13 白い靄となって消えた。そんな、全てが
Q14 停止した
A14 公園、真夜中の逢瀬
Q15 お疲れ様です! 何か感想等御座いましたら、自由に御記入下さい+
A15 後半難しかったですー。ありがとうございました


それなりに気に入ってたり。

どうも、猫月です。最近全身が痛いです。そろそろ死ぬのかしら。



夜中の公園、好きですよ。

死にたくなるとよくフラフラしてます。最近は寒くてそのまんまの意味で死にそうですが。


DA埼玉県内の寂れた公園付近を薄着白衣サンダルで徘徊している低身長の女がいたら8割方わたしです。見なかったことにしてダッシュで逃げてください。


順番が逆になりましたが今回のバトンの脳内設定でも。

場所→真夜中の公園(そのまんま。)

季節→冬。息が白い。自販機に「あったか~い」が並ぶ時期。

自分→男。「君」は女の子、自分の彼女さん。

自分だけ飲み物(個人的設定ではココア)飲んでるとかどんな彼氏やねん・・・


きっと、そろそろ別れる感じです。男のほうが、付き合ってんだか無いんだか、なんか彼女がいるのが当たり前だかなかんじでずーーーーーーっとボーっとしてて、正直思い出とかなんもねーや。けど好きなはずなんだけどなあ
みたいな超薄口恋愛。でも好き。衝動的に生きてる感じの人です。彼女さんが居なくなってから初めて自分の中での相手の存在の大きさに気付いて愕然、後ぶっ壊れるタイプ。

彼女さんは、あんまり描写できてないですね。個人的にはちょっと病的な、現実感のない美人さんイメージです。空っぽな眼をしてる感じの。白ワンピ一枚みたいな格好が似合っちゃう感じの。
この子はなんとなく相手の気持ちがあまり自分に向いてないのを察しちゃってて、でも好きで、それ故に疲れ切ってしまった感じ。きっと振られたら「そっか」って寂しそうに泣き笑いしてその場で飛び降りるなり首切るなりして死んじゃう。危うい。

結論としては両思いなはずなのに手遅れな歪み方をしてしまっている関係

・・・って感じですかねー長い。

寝起きはただでさえ鈍い頭の回転がさらにスローダウンですよああ怖い。

まあそんな感じです。「な感じ」って何回使っただろう。


ではノシ


カテゴリー:バトン

ばーとん


縦読みお題「ゆうやけ」バトンバトン

Q1 次の各文字で始まる文章を作ってください。実話でもフィクションでも、短歌や詩でも、何でもOK。
A1 はあい
Q2 「ゆ」
A2 ゆらゆらゆれる君のかげ
Q3 「う」
A3 うしろから踏んで笑ってみれば
Q4 「や」
A4 ややふくれっ面のきみが追いかけるので
Q5 「け」
A5 けらけら笑ってかけだした


夕焼け空にいつまでも響いていた笑い声

できることならば、あの頃へ、もう一度。


=======================================


夕暮れ時の寂しさは異常。



カテゴリー:バトン

縦読みお題「しあわせ」バトン


縦読みお題「しあわせ」バトン

Q1 次の各文字で始まる文章を作ってください。体験に基づくものでも、作り話でも、短歌や詩でも、何でもOK。
A1 はあい
Q2 「し」
A2 白く吐き出した温度と
Q3 「あ」
A3 あかく色づいた頬
Q4 「わ」
A4 わずかに目をほそめて
Q5 「せ」
A5 急かすように伸ばされた


その手をとって

歩く冬の日、

すぐ隣にあるはにかみに

ああ「しあわせ」なのだと

わたしはたしかに感じたのです。


× × ×


縦読みでしたー。
冬服が好きです。他人との距離がしっかりはかれます。
あと、あのまるっとした全体の、こう・・・フォルムがなんとも。イイ。

そんな感じのイラスト描いたからうpしたいのですけど、生憎わが家のクソスキャナさんでは読み取ってくれませんでした。無念。


ではノシ

カテゴリー:バトン

▽Profile?

猫月

Author:猫月
使用画材:CLIP STUDIO
誕生日:1月29日
甘党でマイペース。
ゴーマイウェイなA☆HO☆Uです。
え?知ってた?


詳しい事はTOPの追記から。


どうぞよろしくです

▽Counter?

▽Recently?

▽The latest comment?

▽Category?

▽Link?

▽Do you make friend with this blog?

▽Search?

▽Pixiv?

▽Past product?